26 12月

キャッシング同時申し込みによるデメリット

キャッシングの審査に通るかどうかを事前に確実に知る方法はありません。しかし、審査に落ちたときのことを想定して、ほぼ同時にいくつものキャッシングに申し込み手続きをするのは得策とは言えません。

キャッシングの同時申し込みは避けるべき

プロミスの審査はこちら

キャッシング申し込みでしてはいけないことのひとつが同時多重申し込みです。キャッシングの審査の際に調べられる信用履歴には申し込みをした記録も残ります。他社に同時に申し込みをしていることは簡単にわかってしまうのですが、一度に複数の会社に融資を希望する顧客は大金を必要としていると推測できます。一度に大金を借りても本当に返済できるのか、なぜそのような大金が必要になるのかなど、お金を貸す側にとっては不安な要素が多くなります。3社、4社と多くの会社に融資を申し込んでいる人は審査が厳しくなり、落とされやすくなってしまうのです。

申し込みの記録が残るのは半年間

信用履歴に記録される申し込みの記録は半年後に消去されます。契約に至れば契約情報が記録されますが、審査に落ちたのであれば半年後には記録からは消えています。キャッシング会社に疑問を持たれないようにするには、前回の申し込みから半年間あけて申し込みをするのがベターです。